■院長

院長 : 笠原敏彦  
笠原メンタルクリニック
院長 笠原 敏彦 (かさはら としひこ)
精神保健指定医、医学博士

これまで30数年間従事してきました精神保健活動(メンタルヘルス)
の経験を生かして 少しでも皆様のお役に立つよう努力するつもりです。


■略歴

<昭和48年> 徳島大学医学部卒業

<昭和48年> 北海道立向陽ヶ丘病院(網走)
             オホーツク海に面した北海道の地域精神科医療に従事
<昭和55年> 北海道大学病院(札幌)
             精神医学の臨床研究に従事。精神科外来医長を兼務
<昭和62年> 北海道大学医学部講師
             北大学生相談室、札幌市教職員相談室の相談員を兼務
<平成 5年> 北海道大医学部助教授
             札幌家庭裁判所の医務官を兼務
<平成 7年> 国立国際医療センター精神科医長(東京)
             北大、徳島大の医学部非常勤講師を兼任
             国際的テロ事件でメンタルケア活動に従事 (内容はこちら
<平成17年> 笠原メンタルクリニック開業(高田馬場)
             医学博士、精神保健指定医

■著書

『神経症・心身症の外来治療』  : ヒューマンティワィ  (1989)
『対人恐怖と社会不安障害』  : 金剛出版  (2005)
※共著書はこちら
※主要論文はこちら
※エッセイはこちら